2014年

2月

19日

VAIO pro13のWifiとBluetoothの問題

軽くて、薄くて、バッテリーが長持ち。起動も早い。しかし、いまだに安定しない、VAIO pro13のWifiとBluetoothの不具合に進展がありました。

ブログをPC設定の忘備録として使用していると、なんだかネガティブな話ばかりになっていけませんね。

 

VAIO pro のWifi問題は困っている方が多いようで、2chでもスレが有りました。

(「VAIO ProでWi-Fiが『制限付き接続』になり途切れるという報告が多々」)

 

これまでの僕の問題点

Wifi

1.職場のルーター(BUFFALO WZR-HP-AG300H)と突然「制限付き接続」になり、インターネットに接続できなくなる事がある。一度接続できなくなると、本体の再起動では回復せず。突然接続できることもあれば、ルーターの再起動をすることで接続出来るようになることもある。

2.スリープ状態で別のWifi環境にPCを移動すると(職場から自宅へ移動、など)、Wifiアダプターが作動しなくなる。再起動で回復する。

 

Bluetooth 

数少ないBluetooth4.0に対応したマウスです。USBポートが2つしか無いVAIO proでは、省電力マウスはBluetooth4.0対応のものしか選択肢がないのです。単3電池1本で駆動し軽量。電池は非常に長持ちで僕の場合6ヶ月持ちました。ただVAIOとの接続が当初からいまいちで、VAIOのドライバーアップデートで徐々に改善してきましたが、一日に一回くらい、突然動かなくなる事がありました。

 

解決方法

Bluetoothに関しては、こちらのブログの情報を試してみたら、安定しました。Wifiに関しても、職場のルーターとの接続状況は安定しました。Thanksです。

原因は電源管理にあった。

デバイスマネージャーで、ネットワークアダプタ、Bluetoothアダプタのプロパティにて、電源管理タブ→節約のために、コンピューターでこのデバイスの電源をオフできるようにする チェックを外す」

 

 

こちらの方のブログではソニーサポートから教えられたというWifiの詳細設定の情報があります。

「デバイスマネージャー → 電源のオプション → プラン設定の変更 → 詳細な電源設定の変更 +ワイヤレス アダプターの設定 +省電力モード

   バッテリ駆動 → 最大パフォーマンス

 

   電源に接続 → 最大パフォーマンス」

と設定しましたが、スリープ状態から起動した場合のWifiの問題は解決しませんでした。

 

ところが、最近スリープからの復帰で無線LANアダプターが作動しなくなる問題が解決しました!

 

続く

自己紹介

飛田 哲朗 Tetsuro Hida

名古屋市

脊椎外科医の仕事の傍ら、サルコペニアの研究をしています。

 

 

好きなテレビ:

未来世紀ジパング

 

池上彰さんが出る回とか、最高ですね。テレ東経済番組の面白さは安定してます。

 

好きな映画:

アメリカのSF映画。遺伝子エリートと雑草魂の葛藤がたまりません。同じアンドリュー・ニコル監督の「In Time(タイム)」もいいですね。

 

息子の難病の治療法を開発してしまう銀行家の父の、実話を元にした物語。熱意と戦略がそろえば誰でも病気を治せる可能性があるんですね。

Follow-up of 89 asymptomatic patients with adrenoleukodystrophy treated with Lorenzo's oil

論文のラストオーサーが父親。

 

好きな飲み物:


最近は第3のビールの美味しさにおどろいています。

 

 

 

リンク

朝日新聞、 「筋肉少なく肥満、高齢者の1割 名大、北海道の323人分析」(平成26年6月3日夕刊)

八雲町での疫学調査を取り上げていただきました。

名古屋テレビ UP! 注目ニュース「サルコペニア肥満」

2013年8月2日に放送された内容です。僕の研究を取り上げていただきました。とてもわかりやすくまとまっています。

 

リハビリテーション栄養・サルコペニア(筋減弱症)

サルコペニアのエビデンスが集積しています。勉強になります。

 

整形外科 論文ナナメ読み (JBJSなどなど)

JBJSの要約がまめに更新されています。抄読会のネタ探しにぴったりです。

整形外科医のための英語ペラペラ道場

英語論文を書く際の道しるべです。