小児 骨端症 骨壊死など                         

先天性内反足

21で男子に多い。遺伝? 絞扼輪症候群の50%、先天性多発関節拘縮症等に合併

後足部:尖足変形、内反変形 中足部:凹足変形 前足部:内転、内反変形

治療:乳児であれば、 徒手整復、矯正ギプス(1/W

ギプス治療合併症: 舟底足変形、扁平距骨滑車、脛骨遠位骨端離開など

矯正位が得られたら、DennisBrown副子。変形残存したら、1歳前後で手術。

乳児を過ぎていたら、手術。

 

大腿骨頭すべり症

疫学:男12-14歳、女10-13歳 肥満 成人は内分泌異常

Trethowan徴候:Klein線内側に骨頭 Scarpa三角(縫工筋、鼠径靱帯、大腿動脈)圧痛

Caperner徴候: 側面像で骨頭下縁が後方にはみ出る。

Drehmann徴候 屈曲とともに外転外旋 外旋拘縮

治療:ギプス固定で軟骨融解  不安定型は骨頭壊死のリスク

Acute type:徒手整復、内固定Acute on chronic type:徒手整復、内固定、すべり角>30度で骨切。

Chronic type:固定。すべり角>30度で骨切。   

 

Perthes

病態:大腿骨骨端部 膝前面の痛み 疫学:6-8歳 男子

検査:外転、内旋の制限。要レントゲン側面像。内反股 性ホルモン、甲状腺ホルモン

MRIT1lowT2low。骨シンチで骨端部集積低下

初期:骨頭核骨硬化、扁平化、骨萎縮 軟骨下骨折 骨幹端部嚢腫様 亜脱臼(涙根骨頭距離大) 

中期:軟骨化骨不整、一部欠損 

高期(遺残期):骨頭分節化 新生骨が混じる

Head at risk

Catterall:gagesign(骨端外側V字透瞭像)骨端外側石灰化、骨頭亜脱臼、骨端線水平化

発症年齢>9歳 肥満児 可動域制限、 内転拘縮

治療:containment 外転装具 予後良い。

手術適応:広い壊死範囲かつ>9歳。 Salter骨盤骨切り、 大腿骨内反骨切り

 

先天性股関節脱臼    左股60%、右股20%、両股20% 女児

OrtlaniBarlowクリックテスト Allis徴候(膝高、脚長差) 

臼蓋前捻、関節包弛緩+狭部、 軟性墜下性歩行 

Calve線、Shenton線 VonRosen撮影(骨頭核未出現時 両下肢内旋、45度外転)

整復後の変形遺残:Perthes様変化 大転子高位 骨頭扁平化

Riemenbugel装具…自動運動が出る生後2ヶ月以降から。股関節の伸展を制限。<2週で整復。 脱臼位のまま3週以上装着で骨頭壊死の危険。 整復後3-4週装着。

オーバーヘッドトラクション:水平牽引→垂直牽引→オーバーヘッド牽引→外転牽引

5歳児、CE角5度未満、旧外殻ソルター骨切り術検討

 

乳児化膿性股関節炎

外転外旋屈曲位

CRP陽性 WBC体温正常も レントゲン(1週以降)で軟骨下骨萎縮  

直ちに切開ドレナージ

 

単純性股関節炎

4-6歳 股関節痛、跛行 先行感染 1-2週で軽快 関節水腫 軽度屈曲、外転外旋位

JRA,感染を除外。自宅安静 or 入院、牽引

 

筋性斜頚  torticollis

胸鎖乳突筋索状物 胸骨枝、鎖骨枝。 1ヶ月で最大に 患側と反対側に回旋。 90%以上自然治癒 多くは1歳半までに自然治癒。それまでは頭蓋変形に注意する。2歳時点で治癒していなければ、治癒しない可能性が高い。5-6歳で顔面変形(顔面側弯)のリスクあるため、2才以降早めに手術。 手術:索状部の切除

 

骨端線損傷

Salter-HarrisⅡ型:成長障害ほとんど起きない。 STⅣ型:成長障害、正確な整復必要。

通常34型で手術。

 

Pannar病態:上腕骨小頭の骨壊死 疫学:10歳前後の男児 野球、外傷?。 予後良好

 

1Kohler病 病態:足舟状骨の骨軟骨炎 疫学:5-9歳男子 足底板 予後良好

Freiberg(2Kohler)病態:中足骨頭,骨壊死,圧潰型 疫学:10-18歳女子,変形残ったら手術

 

Scheuermann

病態:胸腰椎移行部の後弯 遺伝 内軟骨性骨化障害

検査:椎体終板不整 楔状化 Schmorl結節 疫学:思春期

 

Blount

病態:脛骨近位端内後側部発育障害 O脚、metaphyseal diaphyseal angle→危険大、 内反 内旋  装具(長下肢装具)。手術は骨切り,  近年はエイトプレート(eight plate)も。

1~3才頃に発症するものを幼年期型(infantaile type)装具治療も。

年長児(6~12才)になって発症するものを青年期型(adolescent type)

Sever  踵骨骨端炎 アキレス腱の牽引し 10歳前後 男子

 

足根骨癒合  10歳 距骨-踵骨と、踵骨-舟状骨あり。後距踵関節内側に多い。

 

垂直距骨 底屈制限、 偏平足様の船底型の足底。 軽度 外反扁平足< oblique tallus< 垂直距骨。 診断は底屈時の距骨軸と中足骨。 治療はギプス固定での拘縮緩和。 観血的治療は脱臼整復、アキレス腱切除


脊髄骨端異形成症

 

 脊椎と管状骨骨端に異形成を起こす骨系統疾患。II型コラーゲンの変異。発生頻度は日本で5万人に1人,海外では1万人に1人。骨形成おう盛で、癒合しやすい。頸胸椎脊髄症, 四肢関節拘縮。


 

自己紹介

飛田 哲朗 Tetsuro Hida

現在米国に留学中。

脊椎外科医の仕事の傍ら、サルコペニアの研究をしています。

 

 

好きなテレビ:

未来世紀ジパング

 

池上彰さんが出る回とか、最高ですね。テレ東経済番組の面白さは安定してます。

 

好きな映画:

アメリカのSF映画。遺伝子エリートと雑草魂の葛藤がたまりません。同じアンドリュー・ニコル監督の「In Time(タイム)」もいいですね。

 

息子の難病の治療法開発を試みる銀行家の父の、実話を元にした物語。熱意と戦略がそろえば誰でも治療法開発に携われる可能性があるんですね。

Follow-up of 89 asymptomatic patients with adrenoleukodystrophy treated with Lorenzo's oil

論文のラストオーサーが父親。

 

 

NYのイタリアンレストランのある一夜が舞台。料理漫画の傑作「バンビ〜ノ!」全巻がこの1本に詰め込まれたような中身の濃さ、事件だらけです。イタリア料理好きにはたまらない数々の料理、ガーリックオイルが恋しくなります。

 

好きな飲み物:


最近はアメリカのマイクロブリュワリーと呼ばれる小規模ビール工房の地ビールにはまっています。Ballast Point という醸造所のSculpin (Indian Pale Ale)というとても味が濃くてフルーティな種類のビールがお気に入りです。

 

 

 

リンク

朝日新聞、 「筋肉少なく肥満、高齢者の1割 名大、北海道の323人分析」(平成26年6月3日夕刊)

八雲町での疫学調査を取り上げていただきました。

名古屋テレビ UP! 注目ニュース「サルコペニア肥満」

2013年8月2日に放送された内容です。僕の研究を取り上げていただきました。とてもわかりやすくまとまっています。

 

リハビリテーション栄養・サルコペニア(筋減弱症)

サルコペニアのエビデンスが集積しています。勉強になります。

 

整形外科 論文ナナメ読み (JBJSなどなど)

JBJSの要約がまめに更新されています。抄読会のネタ探しにぴったりです。

整形外科医のための英語ペラペラ道場

英語論文を書く際の道しるべです。