免責事項

当ウェブサイト(sarcopenia.jimdo.com、以下「当サイト」という。)の利用者に対し管理者の責任範囲を明確にするために以下の規定を明示します。 また当サイトの利用者は、以下の内容に同意した上でご利用になっているものと見なします。

免責事項

サイトの内容についての責任

当サイトにおいて公開する情報(以下「コンテンツ」という。)は、管理者が正確を期して提供しているものですが、技術的・法的に不完全な記述や誤植が含まれる場合があります。

これらのコンテンツに含まれる情報につきましては、その内容および利用結果を保証するものではありませんので、ご利用は自己責任でお願いいたします。

なお、コンテンツをより正確かつ適切にご利用いただくために、予告無く内容の変更を行なう場合があります。

当サイトにおけるすべてのコンテンツは管理者が提供するものですが、法律上の瑕疵責任を含めて特定目的への適合性の保証、権利の不侵害への保証を含む、いかなる明示もしくは黙示の保証責任も負いません。

また管理者は、当サイトの内容もしくは使用にかかわる損害の責任(直接的損害、間接的損害、派生的損害、逸失利益、情報システム上のプログラムおよびデータの損失などの無体物の損害などを含むいかなる損害に対する責任)を負いません。

 

医療情報について

当ウェブサイトは、疾患についての一般的な情報の提供を目的のひとつとしております。したがいまして、当ウェブサイト掲載されている疾患、治療、その他の医学的な情報は、必ずしもす べての方にあてはまるものではありません。必ず医師にご相談の上、どのような治療が適切なのかをご判断ください。

 

当サイト以外のコンテンツについて

管理者は当サイト以外の第三者サイトに関しては、当サイトからのリンクを通してアクセスできるサイトであっても、いかなる責任も負いません。

当サイトからリンクが張られている場合も、管理者は便宜のためにこれらを提供しており、リンク先のサイトを管理者が推奨しているわけではありません。

当該リンク先のサイトの内容もしくは使用にかかわる一切の責任(直接的損害、間接的損害、派生的損害、逸失利益、情報システム上のプログラムおよびデータの損失などの無体物の損害などを含むいかなる損害に対する責任)を管理者は負いません。

 

当サイトからのリンク

当サイトからのリンクは利用者の利便性のために設置するものですが、そのリンクの設置にあたってはリンク先のウェブサイトが一般に公開されておりアクセス制限がかけられていない限り連絡や許可願いをせずにリンク設置する場合があります。

ただし、リンク先のサイトが明確にリンク禁止の宣言を行なっている場合はリンクを行ないません。

著作権

当サイトに掲載している個々の情報(文章、写真、イラストなど)は、著作権の対象となっています。また、当サイト全体も編集著作物として著作権の対象となっており、ともに著作権法により保護されています。

「私的使用のための複製」や「引用」など著作権法上認められた場合を除き、無断で複製・転用することはできません。

自己紹介

飛田 哲朗 Tetsuro Hida

名古屋市

脊椎外科医の仕事の傍ら、サルコペニアの研究をしています。

 

 

好きなテレビ:

未来世紀ジパング

 

池上彰さんが出る回とか、最高ですね。テレ東経済番組の面白さは安定してます。

 

好きな映画:

アメリカのSF映画。遺伝子エリートと雑草魂の葛藤がたまりません。同じアンドリュー・ニコル監督の「In Time(タイム)」もいいですね。

 

息子の難病の治療法を開発してしまう銀行家の父の、実話を元にした物語。熱意と戦略がそろえば誰でも病気を治せる可能性があるんですね。

Follow-up of 89 asymptomatic patients with adrenoleukodystrophy treated with Lorenzo's oil

論文のラストオーサーが父親。

 

好きな飲み物:


最近は第3のビールの美味しさにおどろいています。

 

 

 

リンク

朝日新聞、 「筋肉少なく肥満、高齢者の1割 名大、北海道の323人分析」(平成26年6月3日夕刊)

八雲町での疫学調査を取り上げていただきました。

名古屋テレビ UP! 注目ニュース「サルコペニア肥満」

2013年8月2日に放送された内容です。僕の研究を取り上げていただきました。とてもわかりやすくまとまっています。

 

リハビリテーション栄養・サルコペニア(筋減弱症)

サルコペニアのエビデンスが集積しています。勉強になります。

 

整形外科 論文ナナメ読み (JBJSなどなど)

JBJSの要約がまめに更新されています。抄読会のネタ探しにぴったりです。

整形外科医のための英語ペラペラ道場

英語論文を書く際の道しるべです。