統計力検定って、どうやるの?

前向き研究の発表をすると、かならずツッコミが入る。

「sample size analysisはどうだったんだ?」「必要症例数は検討したんか?」

 

確かに最近のRCTを見ていると、必ずstatic powerや、サンプルサイズを検討している。

一般に、標本数が小さいほど検出力も小さい=第2種の過誤(β error)が生じやすいため、予めサンプルサイズを決める必要がある。

詳しいやり方を知りたくても、「疫学部が計算した」なんてハードル高い事が書いてあったりもする。統計素人の自分でもできる方法はないのか? 調べてみた。

 

 STATAというソフトや、SPSSのオプション(高価!)でできるみたいだが、今回はfreewareとSPSSを組み合わせて使用。少なくとも、2群間のChi二乗検定と、t検定であれば何とか自分でもできそう。

 

統計力検定とは以下の4つがお互いに関連している。

 

  有意水準(α、0.05)→サンプルサイズ(N)

    ↑                     ↓

    ↑                     ↓

    ↑                     ↓

  検定力(1-β、0.8-0.95)←効果量(ファイ、Carmaer V, effect size)

 

すなわち、3つの要素が決定できれば、残る1つの値を算出できる。

 

1.サンプルサイズ 今回求めたい、必要症例数。


2.有意水準 とりあえず0.05。これは、目的とするp値の事。ほとんどの臨床研究では0.05。整形外科医が行うような研究はほぼ全て0.05。

 

3.検定力(power) powerとは何%の確率で狙った有意差が出せるか、とういうことかな。すなわち、「検定力0.95で必要症例数検討した」とあれば、その症例数があれば、95%の確率で有意差がでる、とういうことかな。

 

4.効果量(effect size) ちょっとややこしい。Chi二乗と、t検定でやり方が違う。

・カイ二乗検定の効果量

SPSSで計算できる。

・t検定の効果量

’d’という値を用いる。これには、標準偏差(SD)の値が必要。ちゃんとパイロットスタディーをやって計算している論文もあるだろうけど。これまでの研究結果や、臨床経験から勝手に推計して仮定した値から算出しているRCTの論文もあります。

 

4.の効果量さえ出せば、あとは、有意水準、power入力するだけで、とりあえずは必要症例数が出せます。  

 

 

 

  ポイント:症例数算出の方法は、統計学でも未だにcontorvertialな分野です。矛盾がなければOK。reviwerに指摘されても、強気に説得しましょう! 

 

 

 

 

自己紹介

飛田 哲朗 Tetsuro Hida

現在米国に留学中。

脊椎外科医の仕事の傍ら、サルコペニアの研究をしています。

 

 

好きなテレビ:

未来世紀ジパング

 

池上彰さんが出る回とか、最高ですね。テレ東経済番組の面白さは安定してます。

 

好きな映画:

アメリカのSF映画。遺伝子エリートと雑草魂の葛藤がたまりません。同じアンドリュー・ニコル監督の「In Time(タイム)」もいいですね。

 

息子の難病の治療法を開発してしまう銀行家の父の、実話を元にした物語。熱意と戦略がそろえば誰でも病気を治せる可能性があるんですね。

Follow-up of 89 asymptomatic patients with adrenoleukodystrophy treated with Lorenzo's oil

論文のラストオーサーが父親。

 

好きな飲み物:


最近は第3のビールの美味しさにおどろいています。

 

 

 

リンク

朝日新聞、 「筋肉少なく肥満、高齢者の1割 名大、北海道の323人分析」(平成26年6月3日夕刊)

八雲町での疫学調査を取り上げていただきました。

名古屋テレビ UP! 注目ニュース「サルコペニア肥満」

2013年8月2日に放送された内容です。僕の研究を取り上げていただきました。とてもわかりやすくまとまっています。

 

リハビリテーション栄養・サルコペニア(筋減弱症)

サルコペニアのエビデンスが集積しています。勉強になります。

 

整形外科 論文ナナメ読み (JBJSなどなど)

JBJSの要約がまめに更新されています。抄読会のネタ探しにぴったりです。

整形外科医のための英語ペラペラ道場

英語論文を書く際の道しるべです。