このエントリーをはてなブックマークに追加

サルコペニアの定義と分類

成り立ち 1989年 Irwin Rosenbergが、米国栄養学会雑誌にて初めて加齢による筋肉の減少をサルコペニア(sarcopenia、ギリシャ語でsarx=筋肉、penia=減少からなる造語)と名付け提案した。比較的新しい疾患概念である。

 

定義: 進行性および全身性の骨格筋量および骨格筋力の低下を特徴とする症候群。

診断基準:筋肉量の低下と筋肉機能の低下の両方の存在する必要がある。

「筋肉量の低下」に、「筋力の低下」もしくは「身体機能の低下」が必要である。

 

■サルコペニアの分類  サルコペニアの原因による分類。一次性、二次性に分けられる

一次性サルコペニア

加齢性サルコペニア: 加齢以外に明らかな原因がないもの。

 

二次性サルコペニア

活動に関連するサルコペニア: 廃用、寝たきり、生活習慣(出不精)、無重力など

疾患に関連するサルコペニア: 重症臓器不全、炎症性疾患、悪性腫瘍、内分泌疾患など

栄養に関連するサルコペニア: 低栄養、吸収不良、消化管疾患などにともなう、カロリー不足、タンパク不足に起因するもの。

 

■サルコペニアの病期分類

プレサルコペニア: 筋肉量の低下のみ。

サルコペニア: 筋肉量低下あり。 「筋力の低下」もしくは「身体機能の低下」あり。

重症サルコペニア: 「筋肉量の低下」、「筋力の低下」、「身体機能の低下」すべてあり。

参考文献:

Rosenberg, I. (1989). "Summary comments." Am J Clin Nutr 50: 1231-1233.

 

Cruz-Jentoft, A. J., J. P. Baeyens, et al. (2010). "Sarcopenia: European consensus on definition and diagnosis: Report of the European Working Group on Sarcopenia in Older People." Age Ageing 39(4): 412-423.

EWGSOPのサルコペニア診断フローチャート 
EWGSOPのサルコペニア診断フローチャート 

自己紹介

飛田 哲朗 Tetsuro Hida

現在米国に留学中。

脊椎外科医の仕事の傍ら、サルコペニアの研究をしています。

 

 

好きなテレビ:

未来世紀ジパング

 

池上彰さんが出る回とか、最高ですね。テレ東経済番組の面白さは安定してます。

 

好きな映画:

アメリカのSF映画。遺伝子エリートと雑草魂の葛藤がたまりません。同じアンドリュー・ニコル監督の「In Time(タイム)」もいいですね。

 

息子の難病の治療法を開発してしまう銀行家の父の、実話を元にした物語。熱意と戦略がそろえば誰でも病気を治せる可能性があるんですね。

Follow-up of 89 asymptomatic patients with adrenoleukodystrophy treated with Lorenzo's oil

論文のラストオーサーが父親。

 

好きな飲み物:


最近は第3のビールの美味しさにおどろいています。

 

 

 

リンク

朝日新聞、 「筋肉少なく肥満、高齢者の1割 名大、北海道の323人分析」(平成26年6月3日夕刊)

八雲町での疫学調査を取り上げていただきました。

名古屋テレビ UP! 注目ニュース「サルコペニア肥満」

2013年8月2日に放送された内容です。僕の研究を取り上げていただきました。とてもわかりやすくまとまっています。

 

リハビリテーション栄養・サルコペニア(筋減弱症)

サルコペニアのエビデンスが集積しています。勉強になります。

 

整形外科 論文ナナメ読み (JBJSなどなど)

JBJSの要約がまめに更新されています。抄読会のネタ探しにぴったりです。

整形外科医のための英語ペラペラ道場

英語論文を書く際の道しるべです。