このエントリーをはてなブックマークに追加

基礎研究 染色法の用語集

Gomori trichrome染色: 筋繊維の染色法 赤:筋繊維 緑:結合織

 

DAPI染色:4′,6′-Diamidino-2-phenylindole 細胞質由来のバックグラウンドがほとんど無い核カウンター染色法。

 

TOTO3: 螢光核染色。オレンジ色素と組み合わせることができ,コンフォーカル撮影用三重染色に適している。

 

X-gal染色:transfectionの効率判定やコトラのポジコ ン。 トランスジェニック、ノックアウトマウスの作製の際、レポーター遺伝子としてlacZ配列を挿入し用いた場合、その遺伝子のプロモーター制御下でを胎児期 において発現する細胞種を特定することが可能である。また、同様にCre recombinase発現するトランスジェニックマウスは、翻訳開始点をloxP配列で挟んだ、同レポーター遺伝子の発現マウスとの交配により、Cre recombinaseが実際に作用する細胞種を特定できる。 lacZ遺伝子を発現する細胞を視覚的に同定できます。 lacZ遺伝子の発現検出に最適です。

 

Hoechst(ヘキスト)染色:  DNAを青色蛍光で可視化。幹細胞は染まりにくい。これを利用して、satellite cellをFACSで区別できる。

 

Bromodeoxyuridine:ブロモデオキシウリジン:臭素化デオキシウリジン (BrdU) 生体組織での細胞増殖の検出(DNA合成時に取り込まれる為、ある時点以降に細胞分裂を起こした細胞を同定する事が可能)。抗BrdU抗体で、免疫組織化学染色によって検出可能

Sirius Red 染色:シリウスレッドはコラーゲンに特異的に結合。線維化の程度や弾性線維を見るのに、簡便で一般的な染色。 応用して、コラーゲン及び非コラーゲンタンパク質簡易定量キットにも用いられている。http://www.iwai-chem.co.jp/products/chondrex/9046.pdf


エピトープ epitopeエピトープとは、抗体が認識する抗原の一部分のこと。エピトープは抗原性のための最小単位であり、抗原決定基 (antigenic determinant) とも呼ばれる。

 

ELISA:  Enzyme-Linked ImmunoSorbent Assay は、試料中に含まれる抗体あるいは抗原の濃度を検出・定量する際に用いられる方法。「酵素結合免疫吸着法」

自己紹介

飛田 哲朗 Tetsuro Hida

現在米国に留学中。

脊椎外科医の仕事の傍ら、サルコペニアの研究をしています。

 

 

好きなテレビ:

未来世紀ジパング

 

池上彰さんが出る回とか、最高ですね。テレ東経済番組の面白さは安定してます。

 

好きな映画:

アメリカのSF映画。遺伝子エリートと雑草魂の葛藤がたまりません。同じアンドリュー・ニコル監督の「In Time(タイム)」もいいですね。

 

息子の難病の治療法開発を試みる銀行家の父の、実話を元にした物語。熱意と戦略がそろえば誰でも治療法開発に携われる可能性があるんですね。

Follow-up of 89 asymptomatic patients with adrenoleukodystrophy treated with Lorenzo's oil

論文のラストオーサーが父親。

 

 

NYのイタリアンレストランのある一夜が舞台。料理漫画の傑作「バンビ〜ノ!」全巻がこの1本に詰め込まれたような中身の濃さ、事件だらけです。イタリア料理好きにはたまらない数々の料理、ガーリックオイルが恋しくなります。

 

好きな飲み物:


最近はアメリカのマイクロブリュワリーと呼ばれる小規模ビール工房の地ビールにはまっています。Ballast Point という醸造所のSculpin (Indian Pale Ale)というとても味が濃くてフルーティな種類のビールがお気に入りです。

 

 

 

リンク

朝日新聞、 「筋肉少なく肥満、高齢者の1割 名大、北海道の323人分析」(平成26年6月3日夕刊)

八雲町での疫学調査を取り上げていただきました。

名古屋テレビ UP! 注目ニュース「サルコペニア肥満」

2013年8月2日に放送された内容です。僕の研究を取り上げていただきました。とてもわかりやすくまとまっています。

 

リハビリテーション栄養・サルコペニア(筋減弱症)

サルコペニアのエビデンスが集積しています。勉強になります。

 

整形外科 論文ナナメ読み (JBJSなどなど)

JBJSの要約がまめに更新されています。抄読会のネタ探しにぴったりです。

整形外科医のための英語ペラペラ道場

英語論文を書く際の道しるべです。