このエントリーをはてなブックマークに追加

サルコペニアの予防と治療のためのトレーニング法

サルコペニア予防のためのトレーニング(運動法)を紹介します。

 

筋力トレーニング(レジスタンストレーニング)の世界では、「ビッグ・スリー(Big3)」を鍛えろ、と言う基本があります。この「ビッグ・スリー」とは、大胸筋、大腿四頭筋、広背筋を鍛えるトレーニングの事で、これらの筋肉はボリュームが多く、トレーニングの効果が出やすい筋肉として知られています。すなわち、効果的なサルコペニアの治療の対象になる、と言うことです。

 

さらに、このビッグ・スリーの中でも高齢者にとって重要な筋肉は、大腿四頭筋,すなわちふとももの筋肉です。下肢の筋力の低下はすぐに移動能力の低下、転倒・骨折を引き起こすため、生活への影響は甚大です。実際に僕の研究結果でも、骨粗鬆症性骨折患者では、上肢よりも下肢の筋量低下が著名でした(参考文献1,2)。

 

今回紹介するのは、大腿四頭筋を効果的に鍛える「スクワット」と、バランス力を鍛える「方足立ち」です。実はこれらのトレーニングはロコモーティブ・シンドローム(運動器の障害)の予防法(ロコトレ)と共通しています。日本整形外科学会の「ロコモパンフレット2013」から引用して紹介します。

スクワット (ロコモパンフレット2013より引用)
スクワット (ロコモパンフレット2013より引用)
片脚立ち (ロコモパンフレット2013より引用)
片脚立ち (ロコモパンフレット2013より引用)

注意!!   本頁で紹介した運動法は健康な方を対象としています。基礎疾患のある方は主治医にご相談・許可を得た上で行なって下さい。関節などに痛みがある方は、痛みのない範囲で行なって下さい。予防のための運動で怪我をしては元も子もありません。転倒に十分気をつけ、自信のない方は別の方に見守ってもらうなど、十分な安全を確保して行なって下さい。

自己紹介

飛田 哲朗 Tetsuro Hida

名古屋市

脊椎外科医の仕事の傍ら、サルコペニアの研究をしています。

 

 

好きなテレビ:

未来世紀ジパング

 

池上彰さんが出る回とか、最高ですね。テレ東経済番組の面白さは安定してます。

 

好きな映画:

アメリカのSF映画。遺伝子エリートと雑草魂の葛藤がたまりません。同じアンドリュー・ニコル監督の「In Time(タイム)」もいいですね。

 

息子の難病の治療法を開発してしまう銀行家の父の、実話を元にした物語。熱意と戦略がそろえば誰でも病気を治せる可能性があるんですね。

Follow-up of 89 asymptomatic patients with adrenoleukodystrophy treated with Lorenzo's oil

論文のラストオーサーが父親。

 

好きな飲み物:


最近は第3のビールの美味しさにおどろいています。

 

 

 

リンク

朝日新聞、 「筋肉少なく肥満、高齢者の1割 名大、北海道の323人分析」(平成26年6月3日夕刊)

八雲町での疫学調査を取り上げていただきました。

名古屋テレビ UP! 注目ニュース「サルコペニア肥満」

2013年8月2日に放送された内容です。僕の研究を取り上げていただきました。とてもわかりやすくまとまっています。

 

リハビリテーション栄養・サルコペニア(筋減弱症)

サルコペニアのエビデンスが集積しています。勉強になります。

 

整形外科 論文ナナメ読み (JBJSなどなど)

JBJSの要約がまめに更新されています。抄読会のネタ探しにぴったりです。

整形外科医のための英語ペラペラ道場

英語論文を書く際の道しるべです。