筋肉の線維化、脂肪化の原因となる細胞は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

高齢者の筋肉の質が若者と比べて劣ることは、高齢者医療に関わる方、特に一度でも手術で高齢者と若年者の筋肉を触った経験のある方にとっては常識と言って良いかも知れません。(Lang, et al. JBMR 2010.) この筋肉の質の低下には、筋肉の脂肪化と線維化が関わっています。 この原因として、あらたな内在性の細胞populationが判明したと発表されましたので、下に引用します。


Muscle injury activates resident fibro/adipogenic progenitors that facilitate myogenesis

Aaron W. B. Joe1,2, Lin Yi1,5, Anuradha Natarajan1,5, Fabien Le Grand4, Leslie So1, Joy Wang1, Michael A. Rudnicki4 & Fabio M. V. Rossi1,3

Nature Cell Biology 12, 153 - 163 (2010)  

Impact factor : 19.527

 

「筋損傷は、内在性の繊維・脂肪前駆細胞を活性化させ、筋発生を促進する。」

要約

効果的な組織の再生には、様々な種類の細胞が関与する。今回、筆者らは筋肉内に存在し、筋肉とは異なったlineageの細胞である線維/脂肪細胞前駆細胞(FAPs)を紹介する。脂肪浸潤モデルマウスの皮下もしくは筋肉内に純化したFAPを移植すると、白色脂肪が形成される。 しかし、健康なマウスでは、脂肪はできなかった。 このことから何らかの環境因子がFAPの生着に関与する。 これらの細胞は普段は筋肉のなかで静止期にあるが、損傷に反応して、充分に増殖するようになる。 co-cultureをするとFAPは筋繊維になることはないが、プライマリーの筋前駆細胞の分化を促進させる。 

まとめると、FAPは損傷部位に広がることにより、筋前駆細胞を増殖するための分化の元となる一時的なシグナルを提供しているのである。

 

自己紹介

飛田 哲朗 Tetsuro Hida

現在米国に留学中。

脊椎外科医の仕事の傍ら、サルコペニアの研究をしています。

 

 

好きなテレビ:

未来世紀ジパング

 

池上彰さんが出る回とか、最高ですね。テレ東経済番組の面白さは安定してます。

 

好きな映画:

アメリカのSF映画。遺伝子エリートと雑草魂の葛藤がたまりません。同じアンドリュー・ニコル監督の「In Time(タイム)」もいいですね。

 

息子の難病の治療法を開発してしまう銀行家の父の、実話を元にした物語。熱意と戦略がそろえば誰でも病気を治せる可能性があるんですね。

Follow-up of 89 asymptomatic patients with adrenoleukodystrophy treated with Lorenzo's oil

論文のラストオーサーが父親。

 

好きな飲み物:


最近は第3のビールの美味しさにおどろいています。

 

 

 

リンク

朝日新聞、 「筋肉少なく肥満、高齢者の1割 名大、北海道の323人分析」(平成26年6月3日夕刊)

八雲町での疫学調査を取り上げていただきました。

名古屋テレビ UP! 注目ニュース「サルコペニア肥満」

2013年8月2日に放送された内容です。僕の研究を取り上げていただきました。とてもわかりやすくまとまっています。

 

リハビリテーション栄養・サルコペニア(筋減弱症)

サルコペニアのエビデンスが集積しています。勉強になります。

 

整形外科 論文ナナメ読み (JBJSなどなど)

JBJSの要約がまめに更新されています。抄読会のネタ探しにぴったりです。

整形外科医のための英語ペラペラ道場

英語論文を書く際の道しるべです。